成績の良い中学生がやっているノートのまとめ方

成績の良い中学生がやっているまとめ方

勉強するときにどうしても必要なのが暗記です。
暗記するにはノートをまとめる力が必要です。あなたのノートはいかがですか?

 

勉強できる子はノートを上手にまとめることができます。
まとめるというのは、どういうことか考えてみましょう。

 

結構たくさんのお子さんがまとめノートを作る時に教科書を丸写しします。
教科書のコピーを作ってもあまり意味はないのですが、子どもはとてもやった気になります。
沢山文字を書いた、ノートがびっちり埋まったことで、勉強したと勘違いするのです。

 

でもそれは勉強ではなく、コピーしただけでおそらく暗記もできていないのです。
何が重要なポイントで、自分が何が苦手なのか把握することが重要なのです。
最初に出来た問題は次も出来る確率が高いです。最初につまづいた問題が苦手な問題なのです。

 

そこを重点的にやりましょう。
苦手なところを避けて好きなところばかりやる勉強はあまり効率的ではありません。

 

まとめノートは苦手ポイントを中心に、本当に覚えたいところは答えを書かずに(  )にしておくと、頭が覚えようと努力するようになりますよ。