成績の良い中学生がやっている暗記方法

頭の良い子がやっている暗記方法

勉強において、暗記は必要不可欠です。
でも、ただ本を読んでも覚えた気になっただけで、実際は暗記できていないことが多いです。
ほかにもノート要点をまとめてみるとか、教科書を丸写しするとか方法はいくつかありますが、どれも効率的とは言えません。

 

ちょっと前に速読が流行ったのでやってみたのですが、とにかく目の運動の速さが重要だったのです。
いかに早く目を動かせるか、速読のカギはそこにあるので、スポーツと同じで簡単には身につきません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

それは問題を作るのがオススメです。

 

答えは別のところに書くか、はっきり見えない工夫をして、とにかく先生が出しそうな問題を自分で考えてみるのです。
暗記したいワードは書かずに( )でくくっておくだけで、かなり覚える力が付きます。

 

私は暗記が得意ではなかったですが、この方法で勉強に困ったことはありません。
子どもも実践していますが、かなり効率的だと言っています。ぜひお試しください。